航空券のセール情報を集めよう

季節を確認して割安なチケットを

高額な金額で販売されている可能性の高いシーズンをはずすことで、格安航空券を更に割安な価格で手に入れられるでしょう。一般的に高いシーズンとしてあげられているのは、4月下旬から5月上旬、7月から9月上旬、12月末から1月上旬、2月末から4月の上旬までです。これらの季節をはずすことによって、割安な価格で航空券を手に入れられるでしょう。セールの時期といわれているのは、正月明け、小正月をすぎた1月中旬から2月半ばまでや、4月の中旬、5月中旬から7月の頭まで、更に10月から12月中旬までが安い時期となっていることが少なくありません。安い時期のセールを狙って手に入れることによって、格安で移動ができるようになるでしょう。

割高なシーズンでも少しでも割安にしたいなら

セールの時期ではなく、割高な季節であっても割安な航空チケットを手に入れることは可能です。ポイントとしてあげられているのは、早めに予約すること、平日の便を予約することと言えます。早期購入割引制度を導入している会社の場合には、格安航空券に近い価格で買えるでしょう。ただし、あまり早い時期には予定が決まっていないため、予約を入れることが難しい人も少なくありません。その場合は、割高なシーズンであっても、ある程度ポイントを絞って格安航空券を予約することで、割高な季節でもある程度安いチケットを手に入れられます。平日に予約をすること、朝早くか、昼から夕方の便を予約すること、格安航空会社のチケットに的を絞ることで、割安となる可能性が高いです。