安くしたいのなら早めに買うべし!

格安航空券は早めに購入するのがベター

同じ目的地にいくのであれば、少しでもお得にいきたいのが正直な気持ちだといえるでしょう。今日では、同じ飛行機に搭乗するにも通常航空券と格安航空券と2つの呼び名の航空券が存在するようになりました。格安航空券とは、パッケージ旅行で使用する航空券をバラ売りして販売しているものが格安航空券と呼ばれています。LCC航空会社のチケットも格安航空券と呼ばれるようになってきました。もしも、訪れたい目的地の格安航空券が発売されていたら早めに購入しましょう。理由は簡単です。飛行機に一度に搭乗できる人数は決まっていますので、必然的に航空券も数に限りがでてきます。通常よりも安く購入できるのであれば、購入希望者もたくさん集まってくるため購入しようと思っても売り切れになっていることが予想されるからです。ですので購入したい航空券が発売されていたら、早めに購入するのがベターなのです。

格安航空券を期日ギリギリに購入するメリットは

格安航空券を期日ギリギリに購入するメリットはあるのでしょうか。通常航空券と格安航空券との金額以外に大きな違いは、キャンセル時の取り扱いに大きな違いがあります。通常航空券は金額が高い分、予約変更や万が一キャンセルすることになっても、期日まで余裕があればキャンセル料はかかりません。しかし、格安航空券はパッケージ旅行をバラ売りしたものが多いので、搭乗する便の日時を決めた上で発売しています。ですので、変更・キャンセルしようとしても難しかったりキャンセル料金が全額かかってしまうデメリットが発生してしまうのです。格安航空券は安いかわりに融通がきかず、期日ギリギリになると安さよりもデメリットの方が強くなってしまうので、あまりメリットはありません。購入するのであれば、チケットの変更・キャンセルができないことを承知で購入するようにしましょう。

格安航空券は通常でも安い航空券ですが、航空会社によってはさらに早期割引などが設けられているケースもあります。